13歳になる娘がまた、私に聞いてきた。

「お父さん、日本は戦争しないよね!」

10歳の頃、イスラム国であった邦人とヨルダンパイロットの人質惨殺、そしてその報復とも言えるアメリカとヨルダンの空爆の報道に何かを感じ取って質問してきた以来の同じ質問の内容であった。(抜かずの剣こそ平和の誇りより)

今回は北朝鮮の最近の連発のミサイルで世界情勢が緊迫していることから不安になったのだろう。

「今回はねぇ〜万が一国にミサイルを撃ち込まれ、宣戦布告されたら戦うしかないんじゃないか!」と私は答えるしか出来なかった。

「だってこの前は日本は憲法で戦争はしていけない国と教えてくれたじゃないか⁈」
と私の答えに娘は反論した。

「自分の国を自衛しなかったら、誰が日本人を守るのですか?」と言う私のさらなる問いに娘はこう答えた。

「アメリカ!」

日本の多くの人々が心の奥底で、「きっとアメリカが日本を守ってくれる、それが無ければ何の為の日米同盟なのか意味がないでしょう。」
と思っているに違いない。

万が一、日本にミサイルが撃ち込まれ、宣戦布告され攻め込まれても、多くの日本人は焦土と化した日本の大地で「これは悪夢だ、何かの間違いだ!アメリカは何をしている、日本は平和憲法の国だぞ!」と呟きながら呆然としている風景が想像できる。

お金持ちの方は間違いなく、素早く¥を逃亡先の通貨や仮想通貨に変えて、日本から脱出するでしょう。戦争に巻き込まれるよりはと…日本人の多くが日本を捨てるシナリオがありえるかもしれない。

ではどうすればと聞かれれば私は専門家では無いので、難しいことは分かりませんが、これからの日本には自国防衛の為のナショナリズムを高めていく必要があるのではないか?

誰もが戦争はしたくはないが、万が一に備え日本人は「自分の国は自分で守る意識」と自国を防衛する軍備は絶対必要である。場合によっては永世中立国のスイスでも実施されているような徴兵制も必要なのかもしれない。

「抜かずの剣こそ平和の誇り」

抜かずの剣も日本の軍備が「竹光」では平和は維持出来ない。

今度娘に聞かれたら、こう答えよう。


IMG_8220















日記・雑談 ブログランキングへ

今回のPitti92とミラノの美女のスナップなかなか見応えがありました。
「何が!」と聞かれると『胸襟を開いた解放的な女性』が多かったと言うことですかねぇ…
とりあえず、画像を見て見ましょう ♪

最初はファッションブロガーのFrank Gallucci氏とツーショットのファッションエディターのGiulia Gaudinoさんの2ショット。

オープン❤️て言うような感じですかねぇ〜

IMG_8132
theimpression.com


素敵な笑顔ですね〜最高❤️

Day 1 #PittiUomo 📸 @pittimmagine #pu92 #Firenze 👌🏻 Ph: @vincenzo_grillo

Giulia Andrea Gaudinoさん(@giuliagaudino)がシェアした投稿 -




IMG_8135
theimpression.com

次はかの有名な写真家スコットシューマン撮影の『THE SARTORIALIST』のスナップ! やはり気温が高いせいもあって今回は解放感がありますねぇ〜

ミラノでは注目の的でした❤️

Channeling the grace of Ingrid Bergman, Milan (there's a much better crop of this image in Stories) @cestclairette

Scott Schumanさん(@thesartorialist)がシェアした投稿 -


こちらはフィレンツェ❗️

Summery, long dress without the heaviness, Florence

Scott Schumanさん(@thesartorialist)がシェアした投稿 -



やはりオープン❤️というとその昔、前衛的なファッションリーダーだったジェーン・バーキンを連想してしまうのですが、皆さんはどうでしょうかね?

IMG_8149


◎サービスショットはほどほどにして、粛々とPitti美女達を公開いたしましょう♪

IMG_8134
theimpression.com

IMG_8140
gq-magazine.co.uk


今年は刺繍は外せませんよね〜♪
IMG_8139
gq-magazine.co.uk

IMG_8141
gq-magazine.co.uk/

この籠バッグがいい感じです ♪
IMG_8131
IMG_8133
theimpression.com

◎次はメンズライクなファッションの女性達。

IMG_8129
sprezzaturaeleganza.tumblr.com

Sonya Glyn Nicholsonさんもpittiスナップの常連ですね。
「Parisian Gentleman 」というフランスのファシッションウェブサイトの編集者です。
身長があるので、メンズファシッションが様になってますよね♪
IMG_8125
parisiangentleman.co.uk

◎そしてミラノの美女達❗️

いきなり間違いました(笑)これはロンドンスナップです💦
IMG_8138
theimpression.com

IMG_8144
theimpression.com

IMG_8122
streetstylevgenio.tumblr.com

IMG_8153
theimpression.com

笑顔が素敵な彼女はEva Fontanelli(エヴァ・フォンタネッリ)さんは「 Elle Italia 」のファッションエディターです。

Eva @evageraldine just keeps getting more chic in that way that Italian women have mastered!

Scott Schumanさん(@thesartorialist)がシェアした投稿 -



今回、私が個人的に1番素敵に感じた美女はフィレンツェのスナップのこのオールインワンの女性ですね ♪(前回もオールインワンの娘だったような気がするが 笑)
ちょと若くて健康的だった頃のアンジェリーナジョリーを彷彿させますね ❤️

IMG_8120
thesartorialist.com

如何だったでしょうか?
元々pittiのファッションスナップをtumblrというアプリで収集するにあたり、MEN'Sだけのスナップでは味気ない所から派生したブログになりますので、少々色気がある画像を使用しています。あくまで私個人の趣味ですので、関係者の方々は御容赦下さい。




番外編

パリのストリートスナップ❗️

アバンギャルドなのか未来を想像しているのか解りませんが、稀にこんな楽しいファッションスナップもあります。なかなか理解はできませんが…(笑)

IMG_8142
le21eme.com


IMG_8143
le21eme.com

SARTORIALIST,THE(P) [ SCOTT SCHUMAN ]
SARTORIALIST,THE(P) [ SCOTT SCHUMAN ]

SARTORIALIST CLOSER,THE:MALE COVER(P) [ SCOTT SCHUMAN ]
SARTORIALIST CLOSER,THE:MALE COVER(P) [ SCOTT SCHUMAN ]

SARTORIALIST X,THE(P) [ SCOTT SCHUMAN ]
SARTORIALIST X,THE(P) [ SCOTT SCHUMAN ]
SARTORIALIST CLOSER,THE:FEMALE COVER(P) [ SCOTT SCHUMAN ]
SARTORIALIST CLOSER,THE:FEMALE COVER(P) [ SCOTT SCHUMAN ]





メンズファッション ブログランキングへ

前回はファッションの『引き算』をテーマにしてファッショニスタ達を紹介しましたが、コーデネートにおいて、

「引くこともあれば、盛ることもある」
のは衆知の事実でしょう。

ファッションとはそう言うもので、要はバランスが大切なのです。そして少しばかり、それを楽しむ余裕が必要かもしれません。

ところがコーデネートには厄介なことに引き算、足し算以外に何と『はずし』というテクニックがある。

要するに完璧なバランスをきらい、異なものを混入し一部を崩す概念であり、『はずし』によってファッションは完成するのではなく、成熟するのである。(この辺は賛否両論はあるでしょうが、その場合はご意見を下さい。)

能書から始まりましたが、この辺は大目にみてください(笑)

いつも余裕しゃくしゃくで、リラックス感がファッションスナップから感じられるのは
Alessandro Squarzi (アレッサンドロ・スクアルツィ)氏。ホワイトのスリーピース(異素材の可能性あり)の露出が多かったようですが、個人的には迷彩サファリにタイドアップの『はずし』コーデネートが好きですね。

この方はちょと不良ぽいイメージが良く似合う。

IMG_8114
heinfienbrot.tumblr.co

IMG_8116
alphotographers.tumblr.com


独得のファッション感を醸し出しいる、ファションディレクターの山下英介氏

一度記事を読ませて頂いた事がありますが、そのファッションの雰囲気は洋服に対する独自のこだわりの蓄積かと思われます。

コーデネートに籠バッグを持っている時点で感覚の柔軟性を感じます。そのスナップのコーデネートは間違いなく達人の領域です。

IMG_8091
1000yardstyle.tumblr.com/


IMG_8103
revistagq.com


やはり彼女は個人的な好みで外せません。
鮮やかな色彩の調和で中性的な独自のファッション感を出すAna Gimeno Brugada(通称 アナ)

アナのファッションはブランド物のバックで色の『はずし』をしたりするのですが、このコーデネートにペッタンコのグリーンのサンダルを合わせるのもなかなか面白い感性です。

IMG_8058
maurodelsignore.tumblr.com


IMG_8054
le21eme.com


IMG_8057
theimpression.com

上はAngelo Flaccavento(アンジェロ・フラッカベント)のミラノのスナップ、下はT-MICHAEL(ティー・マイケル)のピッティのスナップです。

実は対象的な2人だが共通点がある。

前者は洋服に着物の平面的なものを洋服にとり入れたこと。後者は着物そのものをデザインして洋服に取り入れことである。

前者に関しては確証はないのだが、『羽織り、KIMONOはファッションとして定着するのか?』2016Pitti Uomo90スナップ考の内容のPitti90からのアンジェロのファッションの傾向やinstagramを見ても着物文化に傾倒しているのは明らかで、その影響が今回も平面的な服という形になっているのでしょう。

いずれにしても両者共、和洋折衷のコーデネートは『はずし』というよりもmixになるのだが、その辺はどうにでも解釈出来ますのでご容赦下さい(笑)


IMG_8081
gq-magazine.co.uk

IMG_8104
revistagq.com


1日目は金ボタンの紺ブレにブラックウオッチのタイ、2日目はアイリッシュリネンのホワイトのジャケット、3日目はウィンドペン 柄のジャケットと3日間共、如何にもピッティらしい品の良いタイドアップでスナップで取り上げられていたGiorgio Giangiulio氏、流石に4日目はビンテージの迷彩柄のミリタリーシャツは『はずし』てます。

これも1つの『はずし』のテクニックかもしれない。


IMG_8013
iqfashion.tumblr.com


IMG_8119
gentlemensweardaily.com


IMG_8118
Giorgio Giangiulio


今回の『はずし』ということは完璧なバランスを崩すこともありますが、新しい解釈を加える側面もあると言えるでしょう。

ファッションというものはルールがあるようで無いものでもあり、自由で柔軟なものでもあります。

かつてイギリスのウィンザー公は当時タブー視されていたスウェード靴をカッコイイからという理由でフランネルのストライプのスーツに合わせた事は有名な話です。

またジェーン・バーキンの元夫のセルジュ・ゲンズブールは足が痛いからと言って、ダンスシューズのレペットの白をタキシードやデニムにも合わせた事も「はずし」の発想であり、当時の大衆からは新しいトレンドとして認知されその感性は現代までも影響を与えている。

ファッションは定石に変化を加えることで、進化していくのかもしれません。

あくまで私個人の見解なので関係者の方々は御容赦下さい。


番外編

ロンドン、フィレンツェ、ミラノ、パリのファッションをサプライヤーやファッションエディター達はどういう解釈をしているのか、最近はその区別のニュアンスが分かりにくいのだが、フィレンツェ(pitti)は明らかにクラッシックの系統にある。

イタリアのファッションブロガー建築家のFilippo Fiora(フィリッポ・フィオラ)氏とマーケティングのFilippo Cirulli(フィリッポ・チルッリ)氏の今回のスナップはその違いがはっきりとしていて、注目を浴びているようなので参考までに。

意味があるのか無いのかは本人達のみぞ知るということですかね(笑)

IMG_8046
フィレンツェstreetspectator.tumblr.com

IMG_8064
ミラノ
theimpression.com

IMG_8065
パリtheimpression.com



フラルボ(FRALBO)コットンシャツ492-233590012025 SPORT-NA送料無料
フラルボ(FRALBO)コットンシャツ492-233590012025 SPORT-NA送料無料

お買い物マラソンSALE★ 〜7/13 01:59までT-MICHAEL(ティーマイケル)素材切替サイドジップレザーハイカットブーツ【中古】【2903-25】【程度A】【カラーブラック】【オンライン限定商品】
お買い物マラソンSALE★ 〜7/13 01:59までT-MICHAEL(ティーマイケル)素材切替サイドジップレザーハイカットブーツ【中古】【2903-25】【程度A】【カラーブラック】【オンライン限定商品】

【SALE】【返品交換不可】FRALBO(フラルボ)コットン花柄シャツ カッタウェイ 525/INDIGO (492-48859002)【メンズ】
【SALE】【返品交換不可】FRALBO(フラルボ)コットン花柄シャツ カッタウェイ 525/INDIGO (492-48859002)【メンズ】









メンズファッション ブログランキングへ

↑このページのトップヘ