8月に入り東京では小池さんが新知事に就任し、5日から始まったリオのオリンピックは日本代表が様々な競技で健闘している。

ファッション業界はと言うとお盆を過ぎても、まだまだ残暑が厳しいのだが、当然のように秋物一色に彩りが変わりだした。

然れども毎日通勤で見かけるサラリーマン達は半袖ドレスシャツに黒っぽいスラックスと"ちょと冴えないクールビズファッション"であると常々思っていた。

そもそもクールビズはいつから始まったんでしたっけ⁉︎

そうそう小泉さんが首相の時で、先日都知事に就任した小池さんが環境大臣の時でしたから2005年に始まったからもう12年目になるんですね ♪

image
www.asahi.com

当時の小泉さんのセンツァ・クラバッタ(ノータイのスーツの着こなし)もかっこいいとは言えないシロモノでしたが12年後の前都知事の舛添さんのクールビズのセンスも酷いものでした。

よく公務の合間に美術館には行かれるというお話でしたが、美術品に投資する金銭的センスはあっても、映像で見ても残念ながらファッションセンスは皆無であったように思える。

image


それに引き替え新知事の小池さんは元アナウンサーだけあって、華やかさがあり"小池グリーン"という方法でファッションも政治活動に生かしている。

最近では安倍総理のセンツァクラバッタもなかなかいい感じで好感が持たれる。台襟の高いドレスシャツをセレクトしているのがやや古臭い感じがするが、スーツの肩ラインのフィット感やウエストのシェイプ具合は全体にスッキリした印象を持たせる。一般的なサラリーマンには良い見本になると思う。

ポイントはそこなのである‼︎

小泉さんや舛添さんに共通する点はスーツの上着のサイズが大き過ぎであり、肩パットが厚すぎるのである。ですからタイを外してもリラックス感が無く、余計間抜けになり、加えて丸首の下着が見えるようだったらスーツを着た男の色気やエレガントさは台無しである。

クールビズのファッションの着こなしのアドバイスとしては、暑いからと言ってスーツでもシャツでもオーバーサイズを着ない!

ジャストサイズを着ることである。

政治家のクールビズファッションの例えなのだが、あくまで見たまんまの感想であり政治的な意図はありません。

あえて言わせて頂ければ、政治家としての手腕も重要ではあるが国民から支持を得るには見た目も大事な訳で、そこそこのファッションセンスも必要でしょう。(本人に無くてもスタッフがセンスがあれば問題無し。)

こんなクールビズの期間は1年でどれくらいあるのだろうか?

先日ドレスシャツをお買い求め頂いたお客様とお話したのだが、
「クール・ビズはいつからいつまで何ですか?」とお尋ねした所…

「5月1日から10月末までですね〜。」というお話でした。

ほぼ皆さんが同じような回答で、最近は夏が長いせいか、半年位がクールビズのようだ。中には年間ノータイでビジネスカジュアルでOKの会社も増えている。

この影響でアパレル業界では春夏のスーツとネクタイの売り上げ数は間違いなく減少傾向にあると実感している。

普通に考えたら半年間クールビズであったら、平織りで通気性が良い背抜きの春夏用のスーツは着る頻度が少なくなるであろうし、買う必要性も減ってくるだろう。

ネクタイに至っては5月に入ると、一気に売り上げが落ちる。

クールビズ以前は一般サラリーマンの実働するスーツは平均して春夏4着、秋冬4着年間で計8着という記事を雑誌で読んだことを記憶している。

今はたぶん春夏2着、秋冬4着位なのではないか?

残り2着分はというと?

ジャケット、パンツ、シャツ、ポロシャツのクールビズ関連のアイテムに変化していったのであろう。

この"クールビズ"というお題目はビジネスのファッションの流れを確実にカジュアル化に進めていくようだ。

例えば青山商事はビームスデザインの協力して
"ビジカジ"の新ブランド「モアレス(MORLES)」をこの秋より立ち上げる。

青山商事、ビームスデザイン企画監修の"ビジカジ"新ブランド発表

また最近では渋谷区はビームスの協力を得て区役所職員が「渋谷区らしくお洒落にクールビズを楽しむ」をテーマとした取り組みも始まっている。

渋谷区職員によるクールビズの取り組み「HOW TO BE COOL GUYS!」が開催されました

このような役所とファッションブランドが手を組んでビジネスカジュアルと言うものを提案していくのは良い試みかと思う。

なぜならビジネスカジュアルそのものの定義が今一つ曖昧な為、ファッションブランド主導による公務員への提案はセンスも良いだろうし、一般企業にもビジネスカジュアルの定義を線引きできる可能性がある。

前々から言われているがスーツを扱うアパレルメンズブランドはどう足掻いても、クールビズ前の時代に戻ることはないことを自覚し、日本人に合った機能性とファッション性の高いビジネスカジュアルを提案していくことが、今後とても重要な課題である。


メンズファッション ブログランキングへ

ファッションは人によって様々な解釈がある。

元々「日本の羽織り」は戦国時代に戦場での防寒着として使われた陣羽織が由来である。

今回のPittiのスナップを見ていると、日本の「半纏(はんてん)」「甚平(じんべえ)」のような羽織り物のスナップが多く見られた。絶対数が多い訳では無く、珍しいファシッションということでスナップに撮られたのだろう。

確かにその着こなしは残念ながら、まだまだ「際物(きわもの)」のレベルを脱してはいなだろう。

image
theimpression.com

image
maurodelsignore.com

image
anonyme-paris.fr

image
charleyph.tumblr.com

image
elle.sapo.pt

image
maurodelsignore.com

image
maurodelsignore.com

その中でもニック・ウースター前回のスナップ考でも後半で少し触れたが、群を抜いていたように感じる。

ラルディーニとコラボした半纏(はんてん)や甚平のようなジャケットをまるで昔から着ていたかのように、自然に着こなしていた。

image
blog.billygeorge.com.au

image
drpflive.tumblr.com

image
www.thesartorialist.com

また、これを羽織りと呼べるかは、やや疑問ではあるのだがアンジェロ・フラッカベントの着こなしも見た瞬間に"KIMONO"を連想させるもので、とても新鮮に感じられた。髪型が坊主だったこともあり、上着が袈裟のように見えて(笑)、余計そのファション全体のシルエットは和服をイメージさせるものであった。

image
Angelo Flaccavento(アンジェロ・フラッカベント)streetstyle factoryより

ところで、和服と洋服の大きな違いとは何でしょうか?

簡単に言えば洋服は人の体を立体的に包み、和服平面で包みこむことが決定的な違いである

日本では洋服の仕立てが明治に始まった際に、着物の仕立て職人が引き継いだのではなく、足袋職人が重用されたという。なぜなら着物は平面的だが、足袋は立体的だからである。

そういう意味ではアンジェロの上着も形こそ洋服ではあるが、その作りはとても平面的である。もしかしたら和服の要素を取り入れているかもしれない。

そういえば今回のPitti会場でアローズの栗野さんニックウースターが手に持っていた同じ柄の羽織りが気になった。

それは今回ピッティの特別デザイナーに選出された「ビズビム」中村ヒロキ氏がショーの来場者に配った物であった。

「日本で着物は特別なときに着るもの。それを普段でも着られるようにしたかった」
と中村氏は語っている。

「日本発のアメカジと日本の羽織りの融合」という和服の新しい解釈を提案したのかもしれない。

image
www.gonews.it

image
svim fashion show at Pitti Uomo, the men’s wear trade fair in Florence, Italy.

今回のPittiスナップではこのような"和服"から着想を得た羽織りの提案が多く見られたように感じられた。

他にも日本を感じられるスナップ記事が見られた。ELLEのウクライナの記事で「ikiji」という
墨田区発祥のブランドを紹介していた。

日本の最新の高い技術と上質な素材を使って、「江戸の粋」をテーマに作られた商品は新しい和の解釈であり、それが海外で高い評価を得ている。

image
「ikiji」ELLE・UA記事

最近でこそ日本製の衣料品が中国の人件費の高騰、海外からの爆買いの影響で日本の各ブランドで注目されているが、衣料品全体の3%しかない。それだけ日本のアパレル工業が衰退してしまったという証拠であろう。

そんな状況の中で日本のアパレルの地場産業から日本伝統のファッションの提案がなされた事は大変喜ばしいことである。

海外の著名なファションディレクターが提案する新しい和のスタイル、日本発のアメカジスタイルと和の融合、日本の地場産業が提案する新しくて上質な「江戸の粋」、様々な和が今回のPittiでは提案されている。

それらが今後ファッションとして成熟していくのか、一過性のもので終わるのか?

これからの楽しみでもある。

今回の話とは別物ですが、ある意味こういうのも和の要素ではありえるかな⁈

世界のファッショニスタ、Lapo Elkann(ラポ・エルカン)

image
www.thefashionisto.com

「穀 」「神風」漢字のタトゥーですか!…しっかり旧字を使ってるし(笑)

今回はこんなところで「Pitti90スナップ考」を締めさせて頂きます。

あくまで写真やネットから分析した内容なので足らない部分とか意見がありましたらコメントして下さい。加筆、修正いたします。

こんな「和」のテイストも見逃さない最新ファシッションスナップは私のtumblr、「PITTI MODA」で随時更新中です。





メンズファッション ブログランキングへ

毎度のこれだけは外せないのが「Pitti美女スナップ特集」ですよね〜 ♪

前々回のPitti88に登場したようなとてもインパクトのあるタトゥー美女はいませんでしたが、 今回は今回でなかなかいいんですよ。

とりあえずいってみますか ♪


1.いくら異常気象で凉しいとは言え、この時期にライダースの肩掛けは暑いんじゃないかな?

いやいや、ファッションが優先でしょ!

黒髪、サングラス、ライダース、Tシャツ、ボトムすべて黒ベースでまとめていらっしゃる。

よくよくみるとヴィクトリアズ・シークレットのモデル、ケンダル・ジェナーにも見えなくはない。

もしかしたら本人⁈

そんな筈はねぇか(笑)

image
theimpression.com

image
theimpression.com


2.erica ström通称 エリカ様、ここ最近のpittiスナップでは必ず登場しますね。

ファッション関係の仕事をしてるんですかね〜

実は犬好きであることしか情報はありません。

あしからず(笑)

image
thesartorialist.com

image
sprezzaturaeleganza.tumblr.com


3.オーバーサイズの色落ちしたダンガリーシャツを腕まくりし、ちょと股上深めのデニムをベルトレスでレトロな雰囲気で着こなしをしているこの美女。

シンプル・イズ・ベスト!

計算しているのか、自然体なのか全くわかりませんけどね〜(笑)

image
anonyme-paris.fr/en


4.いい〜感じの肩出しツインショト‼︎

色白で涼し気ですねぇ~

image
theimpression.com


5.シャツの前ボタンの開け方がかなり"男前"でセクシーですね。

image
theimpression.com


6.色鮮やかなコーディネートですけど、ちょっと秋っほいファッションですね。

でも美人だから許す!

ファッション関係と言うよりも、カメラ持参ということからプレス関係のお仕事をされている方なんですかね?

image
m.vogue.fr


7.GWD(gentlemen wear daily)のカメラマンCharley(チャーリー)の写真なのだが顔写真しかない。

残念‼︎

この美女の全身のコーディネートがすごい気になる。(モデルかと思われるが…)

顔写真からついついあの名作「愛の嵐」を妄想してしまうのは私だけだろうか?

誰かこの美女の顔から下のコーディネートを誰か教えて❗️

image
charleyph.tumblr.com


8.ホワイトのパナマ帽とジャケットとインナーにブルーのパンツをコーディネートしているCharlotte Desclaux(日本語読み不明)。

彼女の色数を抑えた正統派の着こなしはかなり好感が持てる。

ちなみにスナップのリンクは彼女自身のtumblrのサイトでinstagramとリンクしています。

image
charlottedclx.tumblr.com

image
charlottedclx.tumblr.com



9. ブロンドの髪型と雰囲気がMADONNA風。

たぶん意識してるでしょう。

「クラシコ・マドンナ」とでも呼びましょうか?

なかなかリネン混(?)のダブルのショールカラーのベストと共生地のプリーツパンツもイカしてますよ。

image
forno.tumblr.com


10.キャスケット にオーバーオールのデニム、どうしても童顔の美少女をイメージしてしまうのだが…けっこう濃い感じの美女ですね〜

体育座りのポーズは余りスナップでは見ないのでポイント高いかも。

image
theimpression.com


11. スイカのような柄のオールインワンを着ている彼女。

女優の吉田羊にも似ている、いやいやそれ以上に可愛いい。

間違いなく私の中では今回のPitti90スナップでの美女No.1ですね♡

image
theimpression.com


12.Pittiではないのだが、ミラノのスナップですごい方を発見したので追加しちゃいました。

このブルーの ギンガムチェックのシャツ、胸元とヘソをチラ見せでちょっとエロいし、シンプルなネックレスも視線を釘付けにして離しません。

ピアスの赤とルージュの赤がまたまたいい感じで、知的に見えるディアドロップの眼鏡も最高である。

極め付けはデニムを履いた長い足に合わせたのはヒールではなく、ぺったんこのサンダル⁈

顔良し!スタイル良し!センス良し!

これはかなりの強者でしよ!

image
www.streetstylefactory.com/

実は彼女ミラノのファッションモデルで名前は
sara nicole rossetto(サラ・ニコル・ローセット)、スナップ界では有名なファッショニスタらしい。彼女のスナップをもう一枚追加しました。詳しくはinstagramsara_rossettoをご覧ください。

image
chillaxingroad.tumblr.com

13 .なかなか、こんな個性派美人も面白い。

ちょとボーイ・ジョージに似てない(笑)‼︎

image
thekoreanbarber.tumblr.com

14.ダメージ系のカーキ色のオールインワンを大胆に着こなしているSarah Ann Murray(サラ・アン・マレー)も健在ですね〜。

image
heinfienbrot.tumblr.com

image
sprezzaturaeleganza.tumblr.com


どうでしょう⁈

なかなか素敵でしょう。

思わず「アモーレ❣️」と叫びたくなりました。

日本には彼女達の仕草を表現するにふさわしい言葉があります。

『 立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花 』なーんてね!

美人は何をやっても絵になっちゃうってことなんですよ ♪



番外編

上のスナップはPitti89の時で、下は今回のミラノファッションウィークのスナップ。

ほとんど同じポーズで座りながらスマホを触っているキュートな女性、前からちょと気になっていたのですが、彼女の名前はJenny Walton(ジェニー・ウォルトン)フリーランスのファッションイラストレーターでNY在住とのこと。

写真家のトミー・トンのブログで紹介され、ブレイクしてスナップ界に現れる。

image
thekoreanbarber.tumblr.com

image
sprezzaturaeleganza.tumblr.com

image
thesartorialist.com

image
streetstylevgenio.tumblr.com


ところでスナップ界とはなんぞや?

最近のファッションスナップはもはや1つの大きな市場である。

日本のファッション雑誌でもスナップ特集は良く売れると聞きますし、ウェブでも有料のスナップ集も最近多い。

Pittiなどのアパレル見本市でブランドやショップスタッフが自社の商品を着てSNSで発進すれば立派な広告塔にもなりますし、終いにはブランドがモデルやファッショニスタと呼ばれる人達と契約してスナップ要員を準備することもよくあることです。

明らさまにモデルやマネキンが着ているファッション雑誌よりも、多くの人がサプライヤーやファシッション雑誌やウェブのエディターなどのリアルファッションスナップに興味があるということなんでしょうけど、なかなか現実のファシッションスナップ界はマネーが絡むのプロの世界だったりする訳なんですよね〜



こんな裏事情もあり、美女もありの最新ファシッションスナップは私のtumblr、「PITTI MODA」で随時更新中です。



メンズファッション ブログランキングへ

↑このページのトップヘ