フィレンツェでのファッション見本市ピッティ・ウォモ90開催までいよいよ1ヶ月を切った。

今年も世界のファッショニスタ達がどういう着こなしをしてくるのかが今から楽しみではあるのだが、その前に去年のスナップを色々と考察をしてみたい。

以前にもブログで話したがフィレンツェの夏の降水量はとても少なく、ほとんど雨が降りません。
必然的に夏のpittiのスナップは青い空を背景にしたものが多い。

そして青空と言えばアズーロ(青色)、そしてもっとも引き立つ色としてイタリアでは定番なのがマローネ(栗色)を連想してしまうのだが、この「アズーロ・エ・マローネ」は開放感のあるSS(スプリング&サマー)に多用すると、ちょとクラッシック過ぎるし、暑くるしく感じてしまう。

私もディスプレイや自分のコーディネートでよく使うので、くどくなり過ぎないよう気を付けています。

そこで、pitti88の去年のファシッシニスタ達のスナップからまずアズーロ(青色)の使い方を参考にしてみたい。

image
image
image
www.thetrendspotter.net

image
gq-magazine.co.uk

image
laragosta.tumblr.com
スナップ率が高いこちらの御仁のコーディネートはpitti88では、ほとんどブルーのワントーンで統一されていました。
こだわりの「ミスター・ブルー」ですね!


image
thebespokedudes.tumblr.com


image
thousandyardstyle.com
マルコ・ザンバルドもアズーロのダブルジャケットにネイビーパンツをシンプルに着こなしている。

image
www.vogue.com
アナのブルーのワントーンの着こなしは相変わらずカッコ良くて痺れますね‼︎


image
www.beforeeesunrise.com
T Michael氏❗️なぜか大笑いしてますね〜


まさにフィレンツェの青い空を思わせる様な アズーロ(青色)のコーディネート。特にpitti88のスナップ写真はブルーを基調とした組み合わせが、皆が示し合わせた様にとても多かった。

定番ではあるが、トレンドでもあるということなのでしょう。

目だったのは鉄板ではあるがブルー✖️ホワイトの着こなし、特に刺さったのは微妙な変化のブルーのワントーンの着こなしで、単調でありながら、清涼感を感じさせる新鮮な印象を受けた。

image
www.vogue.com
ブルーのワントーンのクレージー柄のジャケットにブルーのバンドカラーのシャツ。そこにオレンジのショートパンツを合わせるとは‼︎ 流石ニック・ウースター!


image
www.wmagazine.com
栗野さんは「我が道(ファシッション)を行く」というような感じですかね?

image
www.stilmasculin.ro
ピッティ常連のこの方も「魅せるファシッション」「目を惹くファシッション」が得意てすよね!

個性派を目指すならこのアズーロに刺し色のコーディネートも面白い。ブルーのワントーンも新鮮ではあるが、こういう変化球もアリかも。ただし、色数は3色以内に抑えたいところですね♪

番外編
image
charleyph.tumblr.com

image
hypebeast.com

image
ralfmalf.tumblr.com

pitti88のスナップでもっとも注目を集めていた女性。

間違いなく美人ですね!

そして刺青(タトゥー)を含めたコーディネートはとても大胆ですよね♪

だいたい男のファシッションばかり見ていると、疲れちゃうんで、たまにはこういう視点を変えた癒しも必要です。

6月14日〜17日の4日間の pitti90ではメンズファシッションの変化も注目ですが、メンズの見本市でひと際輝いてる女性達にも注目したいです!

こんな美人もたまには載せていて、世界のファッショニスタ達のスナップ写真も満載の私のtumblrアプリ「PITTI MODA」は随時更新公開中です。

次回は「ホワイト&ブラウン編」なのですがなんとかpitti90開幕迄には間に合わせる予定です(汗)


メンズファッション ブログランキングへ