ブログネタ
一番思い入れのある「近未来世界」は? に参加中!
21世紀初め。
アメリカのタイレル社は、人間そっくりのネクサス型ロボットを開発。
それらは「レプリカント」と呼ばれた。
特にネクサス6型レプリカントは、体力も敏しょうさも人間に勝り、
知力もそれを作った技術者に匹敵した。
レプリカントは地球外基地での奴隷労働や
他の惑星の探検などに使われていたが、
ある時、反乱を起こして人間の敵に回った。
地球に来たレプリカントを処分するために、
“ブレードランナー特捜班”が組織された。"
ーウィキペディアよりー

34年前に公開された映画、「ブレードランナー」の続編がこの夏クランクインする。

そして描かれている前編の近未来は2019年11月、あとちょうど4年後に迫った。

46年前に月面に着陸を成功したのだから、原作者のフィリップ・K・ディックは34年後の今は太陽系の惑星はもっと身近な存在だとイメージしていたはずだ。

しかし現実には地球以外の他の惑星に人類が降り立ったのは1972年の月面以降はない。

つまり映画が公開された以降はまったく有人の惑星の探査はまったく進歩していないということである

最近にわかに、NASAやスペースXなどの民間のロケット会社などが火星を目指してはいるようだが、月も含めて他の惑星に降り立つというのは、相当な技術と費用が必要なのかもしれない。

4年後の近未来に宇宙事業はどれだけ進んでいるんだろう。
そしていつ火星の地に人類は立てるのだうか?
これからの楽しみである。


image


日記・雑談 ブログランキングへ