時事

今年の2月の話だか 10歳の娘が突然「日本は戦争するの?」と私に質問してきた。

慌てて私とその場に居た妻は「日本は法律(憲法)で戦争をしてはいけない国なんだよ。だから、戦争はしないよ。」
と話したら少し安心したようだった。

きっとIS(イスラム国)であった邦人とヨルダンパイロットの人質惨殺、そしてその報復とも言えるアメリカとヨルダンの空爆の報道に何かを感じ取っての質問だったのかもしれない。

しかし9月に安保法案も成立し、そして今回のフランスの同時多発テロと中国の南シナ海の問題で、いよいよ自衛隊が戦争に巻き込まれる可能性がでてきた。

そもそも日本の自衛隊とは何だろう。軍隊なのかもしれないけど、これまでの海外や国内の活動で救助やインフラなど創造することはあっても、奪う行為はしてはいなかった。

ただし本来はあくまで専守防衛組織である。
海外派遣や国内の救助などで訓練が滞ると、それを取り戻す為にいつも以上の過酷な訓練をするという話を知った時は頭が下がりました。

子供の頃に読んだ昭和56年頃の漫画"ファントム無頼"(作者は新谷かおる)の中で主人公の自衛官が言った言葉が記憶に残る。
"抜かずの剣こそ平和の誇り"
無論その当時は海外派兵などなかった時代である。

しかし、その話は本当に昔話になりそうだ。
もしイスラム国のテロが日本で起きた場合、日本は戦闘はしないという口実で有志連合に大規模な兵站に協力する可能性が高い。

また南シナ海の埋め立て地の中国の領土問題にも自衛隊派兵をアメリカから要請されるかもしれない。

国民が好むと好まざるとに関わらず、"自衛隊が剣を抜く"ことがありえる状況である。

日本人は覚悟を決めると共に、子供たちの未来の為にも自衛隊派兵に対して、皆が充分な監視をする必要がある。

image
出典:blogs.yahoo.co.jp






日記・雑談 ブログランキングへ

2015年も11月の第3週目に入りいよいよ残り僅かとなった。
そして毎週日曜日はNHKの大河ドラマ『花燃ゆ』を楽しみにして観ているのだが、いよいよ残り4話となった。




この『花燃ゆ』視聴率が低迷している。
確かに主人公松陰の妹の文はかなりマイナー人物だし、幕末期の倒幕を扱ったドラマといては坂本龍馬や西郷隆盛、勝海舟などのメージャー処の活躍が少ない。

これでは維新ストーリーが好きな団塊世代はそっぽを向く訳だが、私としては幕末動乱期から明治維新の文(楫取美和子)の数奇な運命を描いた人間ドラマはなかなか新鮮であった。

吉田松陰の妹として生まれ、その弟子久坂玄瑞と結婚し死に別れ2度目の結婚相手は義理の兄の楫取素彦(小田村伊之助)である。久坂には京に芸妓の愛人がおり、隠し子がいる。史実をもとにした人間ドラマはその展開に想像を掻き立てられた。

またあまり世間では認知度が低い楫取素彦の半生にスポットを当てているのも評価出来る。
楫取は維新の活躍もさることながら、群馬県令時代には県の経済の中心であった生糸産業の発展に努め当時経営難であった富岡製糸場の存続に尽力した。

富岡製糸場は2014年世界遺産に登録されている。

そして教育政策にも尽力し、教育施設の充実を図り群馬は全国トップレベルの就学率までひき上げるという成果を出している。

そのことをドラマでは大沢たかお演じる「楫取素彦」が松陰の『至誠にして動かざるものは未だこれ有らざるなり』という言葉通り誠実に熱く描かれていて、とても見応えがあった。

特に国作りにおける教育の重要性はこのドラマの骨幹であり、ネルソン・マンデラの『教育は最強の武器です。教育によって世界を変えることが出来ます』という言葉に通じるものがあります。

大河ドラマとしては戦闘シーンを含め躍動感に欠けるものがあり、登場人物もマイナーであったが見所はたくさんあったように思える。

ただ視聴率が悪いというが、そればっかり気にしたいると民放のようにテレビはとても詰まらなくなっててまうだろう。

それでなくてもネットの影響でテレビ離れが進んでいるのに…

NHKにはこれからも骨太の番組を作成して欲しい。

今後のお勧めとしては年末から年始に放送される『新・映像の世紀』が第一次世界大戦から現在までの世界の流れを映像を通して知ることができ、直視するに耐えない映像も流れるが押さえておきたい番組である。

集数 タイトル 初回放送日

第1集 第一次世界大戦・100年の悲劇はここから始まった 2015年10月25日 21:00-22:15

第2集 グレートファミリー・超大国アメリカの出現 2015年11月29日 21:00-21:50(予定)

第3集 第二次世界大戦・時代は独裁者を求めた 2015年12月20日 21:00-21:50(予定)

第4集 冷戦・世界は嘘と秘密に覆われた 2016年1月24日 21:00-21:50(予定)

第5集 若者たちの反乱・NOの嵐が吹き荒れる 2016年2月21日 21:00-21:50(予定)

第6集 21世紀の潮流・あなたのワンカットが世界を変える 2016年3月20日 21:00-21:50(予定)

第1集は放送は終わりましたが、NHKオンデマンドで視聴出来ます。
http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20151025

今年はクローズアップ現代のやらせ問題で残念なこともあったが、NHKは公共放送として最大公約数の視聴率ではない、色々な人が興味を持てる番組をこれからも放送して欲しい次第です。









日記・雑談 ブログランキングへ

 







やはりフランスが狙われたか。これが一報を知った時、最初に頭によぎったことだ。

今回のパリでの同時テロはフランスのイスラム国への空爆に対するもの直接の原因だと考えられるが、"シャルリーエブト襲撃事件"で表面化したフランスの表現の自由という文化に対する一部のムスリムの憎悪も影響しているのではないか?

2015年1月19日の手記より
シャルリーエブト襲撃から10日が過ぎたが、まだまだこの論争は続きそうだ。いずれにしろ間違いなくテロは悪である。

今、表現の自由の象徴になっているシャルリーの風刺画は私にとっては全く面白いとは思えないものであり、日本の"やくみつる"のほうがよほどユーモアのセンスがある。

コーランの戒律を守り生活しているムスリムから見れば、シャルリーのイスラム預言者のムハンマド風刺画はユーモアどころか完全な悪意としか受け取れないだろう。

表現の自由、報道の自由、言論の自由とは言うものの何でもありと言うわけにはいかないでしょう。

それらの自由に対して成熟した文化を持つ国と社会は人としての思いやりや配慮が必要ではないでしょうか。

フランス共和国にとって風刺画を含むジャーナリズムと言論の自由は革命によって勝ち取った権利である。

だからこそ、その権利に対するテロをあの大規模なデモで抗議したのは理解できるが、この歴史あるの成熟した文化を持つ国の大衆が「JESUISCHARLIE(私はシャルリー)」の大きなボードを抱えて、シャルリエブトの一連の風刺画を本当に支持しているとは考えたくはないんですよね。


Pray for Paris テロで亡くなった方々の為に 、負の連鎖が世界にこれ以上拡がらないよう祈りたい。

image




日記・雑談 ブログランキングへ

ブログネタ
一番思い入れのある「近未来世界」は? に参加中!
私が想像する未来都市は"フクシマ"である。

放射能を克服し、新しい未来のエネルギーて機能する都市である。

そして国は放射能を克服できる研究施設をもっとフクシマに優先的に置くべきである。

むしろ文部科学省ごと移動すると言うのがベストな選択かもしれない。(原子力の管理部門もあることですし)

"日本が世界有数の科学都市をフクシマに創造する"

夢物語かもしれないが、世界からも国内からも評価され、日本人が世界の平和を推進する礎になるだろう。

"国境なき医師団(MSF)"がTPPの締結による知的財産権系ルール強化で、ジェネリック薬品の使用が制限され、医療費が高額になるということに反対している。

TPPの締結て関税が撤廃され、物価が安くなるぐらいの認識しかしていなかったが、知的財産権系のルール強化が、現実に日本の今後の医療制度に係ってくることなので、多くの方々に知ってもらいたいです。

アヘガニスタンでのMSFの誤爆の件は甚だ疑問に思うことが多いのですが、TPPの件とは無関係であると考えらるのが一般的でしょう。

今後の調査に期待したい。

↑このページのトップヘ