LIFE

東日本大震災から5年たった。

この時期になるとSNSで『東日本大震災3.11~あの日を忘れない~閲覧注意』というタイトルの動画がよくシェアされる。

2013年に公開されたものだが、津波の凄まじさや、被害に遭われた方の深い悲しみが鮮明に5分26秒の動画に記録されている。

この動画の表現の方法は賛否両論で、「TVでは知る事が出来ない現実を知らされた」、「絶対このことは忘れない」「涙があふれて止まらない」などの肯定的な意見がある反面、計算された画像の配列やBGMの使い方など完成度が高いことで見る者が「現実感を持てない」、「死を美化している」という批判的な意見など、5年たった今でも多数のコメントが寄せられている。

また、コメントの中で「BGMが良い」と言う意見よりも「BGMが必要ない」という意見が多かったが、果たしてこの曲、chouchouの『another _dawn 』なしに685万回も動画が再生されたかということに関しては甚だ疑問である。

実は、なんとも言えない複雑な気持ちであるのだが、この動画がこれほど反響が無ければ、私もchouchou(シュシュ)というアーティストを知ることはなかったであろう。

chouchouはボーカルの juliet Heberleとコンポーザーであるarabesque Chocheの2人によるユニットで、ジャンルとしてはエレクトロニカとかアンビエント(環境音楽)に分類されるでしょう。日本でも以前話題となった『セカンドライフ』というバーチャルワールド内で結成され、アバターを使って、その3Dの仮想空間のライブ会場で楽曲を発表している。

私が最近気に入っているのが、クラッシックから着想を得たと思われる「ave maria」。
juliet Heberleのミラクルボイスとarabesque Chocheのクラッシックの造詣の深さが光る作品である。



そして、あの3.11の震災の画像に使われている『another _dawn 』は第3者の2次利用であり、オリジナルはchouchouのホームページで東日本大震災の募金を呼びかける形で無料でダウンロードされている。



ホームページの中でarabesque Chocheはこう語っている。


中略〜

残念ながら、哀しみの渦の中にいる方には音楽は全く無力かもしれません。

でも、そんな方々がまた夜明けを感じる事が出来た時、よりよい明日があるように、僕らにも、彼らにも、この音楽が役立つ事を願って作りました。

今暗闇の中にいる人が、またいつか歩き出せる事を願って。

2011.04.02 Chouchou


音楽はそれほど無力なものなのであろうか?

今だに反戦や平和を願う人々はジョンレノンの「イマジン」を合唱し、デヴィッドボウイの「Herors」はベルリンの壁を壊すきっかけになったとも言われている。

音楽を通じて人々が感じる力とは

「希望」…「夢」…
そして「未来」


arabesque Chocheのコメントからも理解できるように、時には音楽は希望を見出だす為の一筋の光なのかもしれない。




日記・雑談 ブログランキングへ

昨日は私の今年の仕事納めでした。

ここ数年「あっという間に年末だね。」とよく、かみさんと話すことが多くなった気がする。

さて、なぜ年をとるに連れて1年が早くなるのだろう。 
2つの説がよく言われている。

<年齢分母理論>

 10歳の1年: 1年/10年 = 10.0(%)

 40歳の1年: 1年/40年 =  2.5(%)

 つまり、10歳のときより20歳の時の1年の速度は2倍、10歳のときより40歳の時は4倍の速さで進むことになる。


この理論だと、どんなに充実した生活を送ろうが、どんな努力をしようが、年が経つに連れて加速度的にはやくことになる。私なんてもうすぐ5倍ですよ(笑) なんとも恐ろしい論理ですよね。

<アクティビティ量理論>

年をとるに連れて、1年に起きた新しいチャレンジ、新しい発見、新しく覚えたことが減っていき1年は短くなっていくという考え方だ。

ただ、あくまで時間の観念は個人の感じ方という部分の意味合いが大きいのでしょう。

確かに、最近結構プライベートは充実しているのに時間の流れは速く感じる。

どちらかと言うと私の時間のイメージは<年齢分母理論>に近いのかもしれない。

時間と言えば、以前「宇宙の歴史を1年であらわすと」というブログがけっこう面白かったんですよ♪

その考え方だと恐竜も4日で絶滅し、鎌倉幕府は0.33秒で滅んでしまう。そして私の1年はなんと 0.0023秒…早。(笑)

あくまで仮定の話なんですけどね〜

仮に光のスピードで宇宙を航行していた場合〈相対性理論〉だと時間の経過が遅くなるわけで、そこで生じる「浦島効果」を考えると、この「宇宙の歴史を1年であらわすと」という話も、まるっきり非現実な仮定ではないのかもしれないですねぇ〜

年の瀬に「時間」というものを考えてみるのも、なかなか趣があるかもしれない

今日はゆく年くる年♪ 良いお年を〜〜

image



日記・雑談 ブログランキングへ

テキーラ・サンライズという名のカクテルや映画があるがそんな話ではない。

テキーラにハマったのは20代中頃、アメリカ帰りの友人が本番仕込みの飲み方を教えてくれたのがきっかけだった。
その飲み方はこうだ!

“コルナビールに三日月のライムを刺す。
左手の人差し指と親指の間に塩を盛り、ストレートでショットグラスで舌を経由せず、胃に落とし込み、すかさづ三角地帯の塩を舐める。
親指でライムを突き刺し、コロナビールを逆さにし、そしてその噴水をラッパ飲みする。
(ちなみにコロナビールはチェイサーです。)"

最初に飲んだのはたぶん"エラドゥーラ"だったかな?

あのいかにもアルコールって感じが好きだったし、短時間でハイになるのも良かった。
image


その当時、"7月4日に生まれて"というトムクルーズ主演の映画があり、テキーラを空けるとき底のいも虫も啜っちゃうというのが衝撃的な映像だったけど、そもそも度数も高いので不健康な酒というイメージ方が強かったかもしれない。

その後、就職しての独り暮らしの頃は冷蔵庫の中には食料はあまり入っていなかったがテキーラとビールが常時スタンバイしていた。

好きだったのは"オルメカのゴールド"とチェイサーは"クワーズ"の組み合わせ。
熟成された上品な味わいのテキーラとスッキリしたビールをよく楽しんでいたな…

今の仕事に転職して実家に戻ってからも仕事の休み前には夜な夜な1人テキーラを飲みに夜の街に消えていった。

泥酔してふと気付くとサウナやビジネスホテルに泊まることもしばしばで、翌日の朝飲み過ぎて胸が苦しくなり、「これはヤバイかも!」と覚悟を決めたことも数回あった。

そんな時の朝日はいつも違った色に思えたのは印象的であった。

30過ぎに転勤で東京に出てきてからはすべてが慌しくて、たまにショットで飲むことはあってもボトルを買うことは無くなったし、1人でふらっと飲みに行くことも無くなった…

最近テキーラが体に良いという記事があったので
健康にいいのなら、昔から好きだったこともあり久々に飲んでみようかなと

昔のように太陽の色が変わるような無茶苦茶な飲み方はもちろんしませんけどね。






日記・雑談 ブログランキングへ

ブージェング(BUUGENG)というジャグリングをご存じだろうか?

私も最近知り合いのFacebookにシェアしてあった動画からそのことを知ったのだが、初めて見てそのパホーマンスの美しさと心地よさに魂を奪われた。



それはゆるやかな曲線を持つS字型の器具(S -staff)を使い不思議な動きのパホーマンスのことなのである。

その動画で素晴らしい演舞を披露していたグスタボ・オリッタ (Gustavo Ollitta)氏のパホーマンスはズバ抜けて素晴らしく、彼が生み出す"動く万華鏡のようなART"は必ず見る者を釘付けにする。


その彼がTEDカンヌで公演をしている。

自分の人生が こんな方向に進むとは思ってもいませんでした。

この ひと組の道具によって生まれたのてす。
何だかご存じない方々のために説明するとこれは マイケル・モーション氏が作ったジャグリングの道具です。

彼は 6年前 TEDxでもパフォーマンスをしたことがあります。そして ダイ・ザオバブ氏によってさらにそれは進化しました。

彼は 新しい形を作り出し「武幻」(Buugeng)と名付けました。

武幻は 世界中を旅してブラジルの私の元まで 届 きました。
この道具は 私の人生をすっかり変えてしまいました

何か興味深いことを学びたくてインターネットサーチをしていましたがこの道具を手にしてから1年たった頃にはすっかり人生が変わっていました。

私は 伝統的な家庭で ひとり息子として育ちました
ひとり息子には それなりに期待がかかり職業とか 人生の目標とか・・・

私は 何か違う可能性を示そうとして自分の夢を追いかけることに決めこれを 自分のキャリアにすることを選びました。

高校を卒業した後は数学や物理などの古臭い勉強をやめ、技と芸術の世界に没頭しました。

朝から晩まで武幻や他のジャグリングの道具を相手に研究に研究を重ねました。
私は4年間 完全にその世界に没頭し家族や学校や社会の期待に抗うことを経て、ひとかどの人間になったのです。

私はイタリアにあるサーカスのプロ養成学校を卒業し、Malabarize-seが制作したYouTube動画は 閲覧アクセスが2百万を越えました。

パフォーマンスをした国は 40ヵ国以上にのぼり、ヨーロッパ各国 アメリカ 日本南アメリカで開催されたTEDGlobalでもパフォーマンスを披露しました。

これらを実現させていくにはパフォーマンス技術だけじゃなく夢を追いかけるという熱い気持ちのほうがより大切だったのです。

情熱を追いかけ それを自分のキャリアにすることにほとんどの人は 恐怖を感じ、したいわけでもない仕事に絡めとられて、好きでもないことのために人生のほとんどの時間を無駄にしている。

休暇を待ちわびてその間は ようやく本来の自分を取り戻せるが、もし人々が 自分の情熱を追い求めることを恐怖なく考えることができたら人生は もっと楽しいものになると思うのです。

どんなキャリアでも乗り越えなきゃならない大変な時期がありますが、大好きなことをしているからそれさえも容易になると思うのです。

私は ヨーロッパに移った時にキャンピングカーに1年近く住んでいました。
お金を節約するためだったんですけどとってもハッピーにみえるでしょ。

油が寒さで凍ってしまい サラダも作れないような状況でも私は オッケーでした。

たくさんのイベントを通して自分の情熱を人々と共有してきました。

人々が夢見るなんてことができないような場所でも です。

私の故郷であるサンパウロのスラム街もそうです。
この子供達は 家庭で日常的に ドラッグや暴力などの問題にさらされています。

このワークショップの間は新しいことに挑戦する機会があって、一番大切なことは 子供達が 将来に思いを馳せ 感化されて社会が要求する姿ではなく、子供たち自身がなりたい姿になることなんです。

学校ということでは ケン・ロビンソン氏のTEDトークにぜひ触れたいところですが
彼いわく 学校が 子供達の創造性を殺してしまっている。

赤ちゃんが 歩くことや ダンスすることや体を使うことを覚えていきますが、社会や 置かれた環境によって少しずつ 体を動かさなくなり脳の限られた部位だけを使う人になっていきます。

学校でこういう視点に働きかけるのが私は好きで
いくつかの企業でも やりました。
ジャグリングは 3つのボールを宙に投げるってだけではないし、この白と黒のサイケデリックな鎌を操るってだけでもないんです。

ジャグリングは 成長や発達に様々な良い影響を及ぼすことが見てとれると思います。
理性 知性 身体 精神への良い影響がジャグリングを通して得られるんです。

皆さんにジャグラーになってくださいと言いにここに来たのではなくて、皆さんに 夢をみて 夢を生きることを思い出していただくために来ました。

なぜなら もし夢を見られなければ目を覚ますことはできないからです。
ありがとうございました。
(拍手)
では 皆さんと

私の夢を共有したいと思います。
(音楽)
(拍手)
出典:夢を生きるあるジャグラーの物語 | グスタボ・オリッタ | TEDxCannes




彼はもっとも興味のあるジャグリングの世界に身を投じ、人生の夢を追い求める。
人間の脳や身体の能力は本来もっと可能性があるはずだが、学校や親というフィルターが子供の本来の能力を制限してしまう。
彼はジャグリングや自分の人生哲学を通して、人びとの本来の能力を解放し、一緒に夢を持つこと共有しようと語っている。


日記・雑談 ブログランキングへ

↑このページのトップヘ