2016年1月10日デヴィッド・ボウイが死んだ。
NEWアルバム『★』(ブラックスター)をリリースした2日後の出来事であった。

あれから2ヶ月近く経つというのに、いまだにFacebookやGoogleのAIのアルゴリズムは追悼記事やBOWIEの情報を運んでくる。
いや違う、それだけ彼が、陳腐な表現ではあるが「世紀の大スター」であり、死して尚、多くの人々に影響力を持ち続けているということだろう。

遺作の『★』(ブラックスター)を聞く為に、彼の過去のダンボールに収まっていたCD群をiPhoneに叩き込んで、何かを邂逅しようとしている。
さすがに、LPレコードは今のところ、どうにもならないよな…(笑)

ボウイの過去のアルバムの中で、私が一番好きのは1977年に発表された『LOW』である。ブライアン・イーノと共同して制作されたこのアルバムに関してはファンの好き嫌いもはっきりしている。

なぜなら前半はインストルメンタル調であり、後半のアンビエント・ミュージック(環境音楽)というスタイルは、今迄のボウイのグラムロックとは全くの毛色の異なるアルバムだったからである。

ボウイ自身も一時期、「このアルバムは私の作品ではない」と語ったり、「これは最高傑作である」と言ったような作り手と聞き手が時代と共に評価が変化するような作品なのである。

Low
David Bowie
Virgin Records Us
1999-08-26



1976年、ボウイはドラックを絶つ為に、ロサンゼルスからベルリンに住まいを移す。後日談だが当時ベルリンはヨーロッパ最大のコカインのマーケットだったようだが、知らなかったらしい(笑)

この地でボウイはブライアンイーノと共にベルリン3部作と呼ばれる、『 Low』、『Heroes』、『 Lodger』の3枚のアルバムを制作している。
プロデュースは3作共、遺作の『★』(ブラックスター)を含めてトニー・ヴィスコンティによるものである。



このブログを書いている途中に、遅らばせながらamazonに『★』を注文しました。書き終わる迄には届くであろう。

さて、『LOW』の話に戻る。
その当時はまだベルリンの壁があった時代、米ソの冷戦の時期でもある。
アルバムの後半(B面)は私がもっとも好きなのだが、「Warszawa」という曲から始まる。
とても重く、とても暗いながらも、微かな光の揺らめきを感じることできる。

ワルシャワというのはポーランドの首都であり、度々戦火に見舞われた複雑な時代背景を持つが、この曲がワルシャワという特定の都を意味しているのかは謎である。

なぜならボーカルで歌われている言語は、この世に存在しない言語「フォネティック・ランゲージ」というものだけに、その曲の本来の意味は作り手のみぞ知るものであり、ボウイの音楽の世界には珍しいことではない。

例えば後半の3曲目の「Wailing Wall 」も「嘆きの壁」と言えば、エルサレムの「西の壁」を意味するのは一般的であるが、それ以外にも「ベルリンの壁」をも意識しているのかもしれない。

そして次作のアルバムのタイトル曲、『Herors』に至っては明確に「ベルリンの壁」の話である。



ボウイは『LOW』の発表から10年後、1987年6月にベルリンの壁のそばでコンサートを開いてる。

その時、奇跡が起こったのである。

壁の向こう側の人達が、彼の音楽に聞き耳をたて、そして彼の唄を一緒に歌っているのである。

この時、ボウイ自身もベルリンの壁を題材にした『Herors』を唄う際、「私たちは願いを壁の向こうにいる友人たちに送ります」とドイツ語でアナウンスしたことはあまりにも有名な話である。

そしてこの2年後にベルリンの壁は崩壊する。



2016年1月11日ドイツ外務省は異例のツイートをする。

「さようなら、デヴィッド・ボウイ。あなたは(我々にとっても)ヒーローです。 ベルリンの壁を崩す手助けをしてくれてありがとう」



今日、ボウイの最後のメッセージの『★』がamazonから届いた。

ブラックスターのスターは「ジギー・スターダスト」のスターの変容や音楽性の変化を意味するものなのだろうか?

1番近い前作の『The Next Day』が『Herors』のアルバムジャケットを斬新な形でリサイクルをしていることもあり、アルバム曲中の『Where Are We Now? 』などはベルリン時代を回顧するようなバラードがあることから、この最後のアルバムも"古き良き時代"に関係しているのだろうか?

なんてことを色々と想像していまうのだか、結局のところボウイの音楽は理屈じゃ計り知れない。

さあ、聴きましょう♪ ラストメッセージを。


続編:★(ブラックスター)の7番目の秘密ーRest in peace DAVID BOWIEー

★(ブラックスター)
デヴィッド・ボウイ
SMJ
2016-01-08


Heroes
David Bowie
Virgin Records Us
1999-08-26


The Next Day
David Bowie
Sony
2013-03-12





日記・雑談 ブログランキングへ